雨の日は家で雑用の片付け。外を眺めながらのティータイムは至福の時間

雨の日は家で雑用の片付け。外を眺めながらのティータイムは至福の時間

雨

雨が降る日はできるだけ外出しないで家にひきこもっていたいです。私は歩くのが下手みたいで、どんなに気をつけても地面の水をハネあげてふくらはぎあたりまで点々と水しぶきが飛んでしまうんです。スカートにストッキングだとハネが目立って恥ずかしいし、濃い色のパンツならハネは目立たないけれど乾くまで時間がかかる。だから仕事や人との約束がない限り、雨の日は出かけません。

 

そこで何をするかというと、日々後回しにしてきた雑用の片付けです。今日のミッションはアイロンかけとボタン付け。ワイシャツやスーツはクリーニング店にお任せなので、アイロンをかけると言ってもハンカチと自分のブラウスくらいで大変ではないのですが、何となく面倒なんですよね。そういえば以前テレビでイタリア人はタオルにもジーンズにも靴下にもアイロンをかけるってやっていましたが、私には到底、ムリです。

 

アイロンかけを終えたらボタン付け。これははっきり言って苦手です。なのでどんどん後回しにしていって、コートとシャツ2枚、パンツ一着の計4個のボタン付けが待っていました。昔からお裁縫がほんとに下手で、家庭科の授業では何度もやり直しを命じられました。最後の玉留めで糸が残ることなくビシッと完成したことなんて皆無です。

 

今日のボタン付けの出来ももちろん今ひとつというか今ふたつというか、なんともへろへろな感じになりました。そんなふだんやらない主婦っぽいことをしたら肩がこり、労働した感がいっぱい。これから紅茶を淹れてお菓子を食べます。雨の日の外出は苦手ですが、雨の日に外を眺めながらのティータイムは大好きです。