何でも極めれば道になる。常に自分を磨き続けることが大切

何でも極めれば道になる。常に自分を磨き続けることが大切

やる気

折に触れて考えることが、道についてです。外にある歩道や道路のことではありません。「その道」と云われる何かを求めたり、極めたりする求道についてですね。昔から「その道の達人」などと聞くと、武道や何か嗜み事をしている人でも上級者のことを指すようなイメージがあります。私も一時期、学生時代などに強くなりたい一心で武道を嗜んだことぐらいはありました。実際にはあくまで趣味レベルですが笑。

 

しかしながら年月が経って大人になるにつれ、考えが変わってきた私がいます。別段何かのスポーツや趣味関係の習い事を磨いていくことだけが求道ではなく、自分の心持ち次第で生活や生きていくこと全面的に一つの求道のようになるのではと考えるようになってきました。毎日の家事雑事やタイムマネジメントさえ、身近なことでも何でも極めれば道になるように思います。

 

習い事や趣味で何となく気軽な気持ちで始めたことが好きになってハマリ出した結果、好きこそものの上手なれで生業の一つにもなったりするケースも見聞きします。別に義務でもないことだからこそ、ただ何となく漠然とやるのではなく、自分の意思で決めて取り組み、極める、極めていくという求め方で取り組んでいけば道が開けるとは素敵です。自分のことなのに、自分のやりたいことがいまいちよく分からないという人が多い中、極めるまでやりたいことややることがあること自体、とても素敵だと思いますね。

 

そして道といえば、距離。やる気にみなぎっているときもあれば、一時的にやりたくなくなって距離を置き、別のことをしたいときもありと、上達にはこの上手な距離感も関わっている気がしますね。なぜか無味乾燥になったようにパッタリとやりたくなくなる時期だってあります笑。

 

自分磨き

 

それでもしばらくするとまた自然とやりたくなっている自分がいることに気づいたとき、それは私の本当にやりたいことであり、好きなことなんだろうなーと思っています。より私らしい輝きを求めるからこそ、私も趣味のブラッシュアップに自分なりに努めていきたいと思います。